バーナフォンヒストリー

バーナフォンヒストリー

Two Ears... One World

バーナフォンとは「bern a fon」、つまり「ベルンの音」という意味です。
「ベルンの聴こえ」私たちは、そう呼んでいます。バーナフォンの歴史とは技術の歴史なのです。

1925
創設者ハンス・グフェラーJr
創設者ハンス・グフェラーJr

補聴器の名門バーナフォンは、スイス・ベルンでその産声をあげました。
バーナフォンの目標は、音響の独自理論を磨き、世界に類をみない補聴器を創り上げることにありました。

1946 A12 PACK

最初の補聴器「A12 PACK」を発表。

1963 耳かけ型「Hシリーズ」

最初の耳かけ型「Hシリーズ」を発表。

1986 耳あな型「CHARISMA」

最初の耳あな型「CHARISMA」を発表。

1988 P・H・O・X

世界初のデジタルプログマラブル・ヒアリングオペレイティングシステム
P・H・O・Xを公開。
テクノロジーのバーナフォンを世界に印象づけました。

1996 リモコン補聴器「audio flex」

最初のリモコン補聴器「audio flex」を発表。

2002 世界初「チャネルフリー」を採用した「symbio」

ついに世界初の信号処理システム「チャネルフリー」を完成。
その技術を積極的に取り入れた「symbio」を発表。

2007 レッドドット・デザイン賞 優勝

red dot design award(レッドドット・デザイン賞)優勝。

2012 外耳道レシーバ型「ナノ RITE」

外耳道レシーバ型「ナノ RITE」を発表。

2015 ハイパワーモデル Xシリーズ

ハイパワーモデル Xシリーズ発売

2016 外耳道レシーバ型「ピコRITE」耳かけ型「パワー」

更に小型に進化した外耳道レシーバ型「ピコRITE」と
人間工学に基づいたデザインの耳かけ型「パワー」を発表