ホーム「聞こえ」について>耳の構造と働き

「聞こえ」について

耳の構造と働き

耳の構造

下図は耳の断面図です。
耳介から鼓膜までが「外耳」、鼓膜から蝸牛の手前までが「中耳」、蝸牛や三半規管を「内耳」といいます。
また、外耳から中耳が「伝音系」、内耳とその奥の神経が「感音系」となります。

耳の断面図

耳の働き(音の伝達)

耳から音が入り、脳で意味を解釈するまでの流れは以下の通りです。

  1. 耳介が音を集め外耳道へ
  2. 外耳道ではやや高音域の音を共鳴させて、音を鼓膜へ伝達
  3. 外耳道から伝達された音が、鼓膜を振動
  4. その振動を、耳小骨がテコの働きで内耳(蝸牛)に伝達
  5. 内耳(蝸牛)のリンパ液が振動を電気信号に変換
  6. 聴神経を通って、電気信号が脳へ伝達
  7. 脳が、伝達された電気信号に様々な処理をして、音を理解し意味を解釈
page top
補聴器の紹介
  • 耳の構造と働き
  • 難聴について
  • 「聞こえ」のチェック
  • 補聴器の種類